静岡産地直送 お取り寄せ通販のセレクトフード

HOME > 伊豆天城 わさび > 本わさびのおろし方

静岡産直の商品を探す

静岡特産食材別

浜名湖すっぽん

伊豆ところてん

焼津まぐろ・かつお

伊豆わさび

由比しらす

由比桜えび

静岡茶

静岡マスクメロン

三ケ日みかん

静岡和牛

沼津ひもの

伊豆海産物

静岡フルーツ

静岡野菜

自然薯

伊豆しいたけ

遠州黒豚

掛川いちじく

目的に探す

メルマガ登録解除

メディア情報

セレクトフードからのお知らせ

本わさびのおろし方

上の方からするのが通?

わさびは、一般的に上の方(茎や葉のついている方)が、下の方(先端部)に比べ辛味が強いと言われています。そのため、「上の方からするのが通!」と聞きますが、辛味成分の分析の結果、上の方と下の方で差は見られません。

しかし、わさびは、上へ上へと育っていく植物ですので、下の方が細胞が古く茎や葉のついている上の方が若く新鮮です。言いかえれば上の方が柔らかく、香り、粘りも強く緑色もきれいなため、使い方としては上の方からおろすことをおすすめします。

ただし、1本を何回にも分けて、少しずつすりおろすような場合には残った部分の風味が落ちる可能性があるので、下の方からすりおろすのをお勧めします。

辛味を引き出す、すりおろし方は?

  1. わさびのすりおろし方は、わさびについている茎を外側から1本1本取り除き、タワシなどで全体の泥をきれいに落とします。(もし黒い部分があったら先の尖った物でえくるように取る)
  2. よく水洗いした後、目の細かいおろし板でゆっくりと練るように(「の」の字を描くように)おろします。

この方法が「わさび」の辛味細胞を最も効率的に壊す、すなわち辛味を引き出すコツと言えます。

また、おろしたわさびの辛味、風味が弱いときは、おろしたわさびを、まな板にのせ包丁の背で叩くと粘り、辛味、風味が増します。

尚、わさびのおろす部分にほんの少々の砂糖をつけてすりおろすと辛味が増します。


お買い物情報