浜松餃子

浜松餃子

浜松餃子
浜松餃子
浜松餃子
餃子の街 浜松

浜松市内を歩いていると、まず目に付くのが浜松名産のうなぎ屋さん。そして、餃子のテイクアウト店と飲食店です。
市内の一般の家庭では、ごく普通に調理済のテイクアウト餃子を食卓に並べ、よく食べます。そのため、餃子消費量は、毎年日本一、二番を争うほど。
浜松餃子の定義は、『浜松市内で製造されている事』。浜松餃子は地元盛んに生産されるキャベツや玉ねぎなどをよく使います。また、餃子の具のコクをだすために必要な豚肉の豚を育てる農家も多いことから、昔から地元の食材をうまく利用して作られています。

浜松餃子 ギョーザ 餃子消費量
皮が美味しい 自然薯入り餃子

浜松餃子「つるるん物語」の皮は、浜松のいなさ奥山で栽培された自然薯入り。少し集めの皮はもっちりとしていて、つるるんとした食感です。
化学農薬・化学肥料を使わず、中間マルチング・ダクトシステムという方法で栽培しているので、安心してお召し上がりいただけます。

浜松餃子 自然薯入り つるるん物語
美味しさの決め手
  • POINTタレがなくても美味しい

    大きさは少し小ぶりですが、キャベツや玉ねぎなどの野菜の具がたっぷり入っていて、ヘルシー。あっさりとしていていながらも、しっかり味があり、タレがなくても素材の味だけで十分美味しく召し上がれます。

    浜松餃子 自然薯入り つるるん物語
  • POINT「つるるん」と水餃子で

    つるるん物語は水餃子にするとさらに美味しさを発揮できます。厚めの皮に自然薯を練り込んであるため、お口に入れると「つるるん」とした食感があり、焼き餃子とは一味違う美味しさがあります。

    浜松餃子 自然薯入り 水餃子

浜松餃子 商品一覧